「どう撮るか」というイメージのつけかた

 

自分の写真を見て、「センスないなぁ…」と感じるとき。

それは、あなたの写真のセンスアップの時かもしれません。

今まで感じていなかったことを感じる時、

 

すなわちそれは、自分レベルが上がる時なのです。

 

そんなあなたへ、5つの魅せる写真の撮り方をお伝えいたします。

 

 

❶何をどう撮るか

 

 あなたは、被写体を用意して「さぁ、今日はどんな風に撮ろうかな」と撮影を始めていませんか?

 

イメージをこのように後から作ると、撮り終わった後に構図がイマイチだったり、結局何が撮りたかったのか、伝わらない写真となってしまいがちです。

 

主役はもちろん大切ですが、背景、下地、小物といった“まわり”から固めることが、実は失敗しないスムーズな撮影となります。

 

まず漠然と写真を撮っているようでしたら、今日から

 

【何をどう撮るか】を意識されてみてくださいね。

 

 

❷同じ被写体でも明るく撮る、暗めに撮る

 

これを変えるだけでもグンと写真が変わります。 

 加工で明るくするだけだった今までの写真から、

今度は暗めに撮るだけでも大人のシックな雰囲気が表現出来たり、今まで撮っていた世界と違う演出ができますよ。

 

 

 

❸雰囲気を【どう撮るか】を表現

 

 

「さわやかに撮る」

 

「かわいらしく撮る」

 

 このようにどんな雰囲気に撮りたいかを、決めてみてくださいね。

 

 

❹技術で【どう撮るか】を表現

 

「止めて撮る」

 サーモンを振りかけるその瞬間や湯気を撮り、おいしさを伝える手法で魅せていきます。

 

 

シャッタースピードを「スローで撮る」

流れる川を流れるように撮影することで魅せる写真が出来上がります。

 

 

❺アングルで【どう撮るか】を表現

 

「上から撮る」

 真俯瞰構図と言いますが、真上から撮ることでインスタ映えが簡単に作れます。

 

「横から撮る」

 高さを表現したい時には横から撮ると、インスタ映え写真があっという間に撮れます♪

 

 

 

【どう撮るか】には様々な手法があり、この他に、構図 やインスタグラムならではのお洒落な魅せ方があります。

 

フォトレッスンでは、ひとつひとつの手法を学んで頂き、ただ撮るだけではない千凛オリジナルの魅せるフォトテクニックを入れてお届けしています。

 

ご自身のスマホカメラやミラーレスカメラ、一眼レフなどを使いながらレッスンをし、女性の心を掴むためのノウハウをその都度落とし込んでいってください。

 

女性の心を掴むフォトレッスンでは、そのバランスとデザインもポイント♪

 

技術とあなたの心の特徴(マインド)さえわかれば、どんな被写体でもおしゃれに、そして女性へ届くステキな写真を撮ることができるようになります。

 

 

他にも、お洒落フォトになれる5つの構図テクニックをプレゼント♪